知って得する大規模修繕の情報【コストが大幅に異なる】

最新記事一覧

リニューアルの基礎知識

男性

希望する条件を業者に伝えたうえでプランを示してもらったり、住民の意見を取り入れるのが、大規模修繕工事を成功させるための基本です。外壁や屋根の修繕に力を入れることも重要ですが、建物のバリアフリー化や居住部分のリニューアルにも積極的に取り組むのがポイントです。

詳しく見る

気になる費用は

作業員

安心して末永くマンションに住むためには定期的に実施される大規模修繕は欠かせません。その費用は総額で1000万円から3000万円までが最も多く、一戸あたりの金額では60万円から90万円が多くなっています。大規模修繕を実施するに当たっては見積書を比較検討したり、費用対効果を十分に検討するなどが必要です。

詳しく見る

集合住宅の増加

工具

業者選定の合意形成

日本の住宅事情も変化が顕著となっており、最近は一戸建て住宅から集合住宅を選択するケースが増加しています。分譲マンションの大規模修繕工事については事前に積み立てることが重要になっており、購入時に大規模修繕工事積立金の納付が必要になっています。大規模修繕工事の管理は管理組合が行うことになっておりますが、一般的には専門の管理会社が代行することになっています。分譲マンションの大規模修繕工事は管理組合の計画すr計画に従って実施されますが、業者選定についても管理組合が実施することになります。しかしながら大規模修繕については施工する業者の仕事のやり方によってコストが大幅に異なることが想定されますので、選定においては十分考慮する必要があります。管理業者に依頼すると専門業者の紹介はしますが、複数の業者の推薦を受けたうえで相見積もりを徴収することが重要です。場合によっては管理組合が独自に業者を探すことが必要になるケースもあります。業者選定にあたってはコストのほかに工法の提案も受けてできるだけ生活に影響の少ない工法を採用することも重要です。大規模修繕工事を施工する期間は洗濯などに影響することが少なくありません。大規模修繕は資機材の仕様によって耐用年数への影響が少なくありませんので、コストのみで判断することは避けて、将来のメンテナンスを含めたトータルな費用で検討することが重要です。いずれにしても住民の合意形成は必要です。

確実な工事を目指せます

リフォーム工事

マンションなどの集合住宅には定期的な大規模修繕が欠かせませんが、あらかじめよく検討することによって確実で安価な工事が目指せます。それには何より入念な業者の比較検討と、料金や作業内容などについて透明性を確保した議論が大事になってきます。

詳しく見る

事前に調べておくこと

作業員

大規模修繕をするなら、まずは業者を自由に決めても良いのかの確認は必須です。たいていは不動産会社に聞けばわかります。それから見積もりは複数の業者に依頼しましょう。そして一社ですべてを行ってくれるなら、費用を抑えられるかもしれません。

詳しく見る

コストダウンができる

リフォーム作業

大規模修繕をする時に便利なのがネットにある選定のサポートサイトです。サポートサイトを利用する事で多くの大規模修繕業者を一度に、かつ簡単に比較できます。もちろん大規模修繕について分からない事があれば丁寧に説明を行います。

詳しく見る